現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【高校受験2020】清水谷高校の併願校の大学合格実績を比較

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2020清水谷高校の併願校の大学合格実績の比較
公開日2020/08/08
 

 

どうも、塾講師のこうです。

 

 

高校を受験するときに、公立高校のみを受験する人は少数です。

 

多くの人は、私立高校も受験します。

 

そのとき、

 

何を見て私立高校の受験を決めますか?

 

  • 大学実績
  • 部活動の強さ
  • 体育祭・文化祭の雰囲気
  • 制服の可愛さ
  • 通学時間

 

など人によって受験校を決めるポイントは変わってくると思います。

 

 

この中でも今回は

大学合格実績

に注目して比較していきたいと思います。

 

大阪公立高校の併願校の大学実績まとめ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

他の公立高校の併願校の大学実績を知りたい方はクリック!

 

 

トップページ(記事一覧表)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

大阪の公立高校入試倍率、高校入試数学の解説、強い部活動(サッカー、高校野球、卓球、バドミントンなど)について書いています。気になる方はクリック!

 

 

清水谷高校の大学合格実績

国公立 

現役のみ 東大 京大 阪大 神戸 大阪市大 大阪府大 国公立大合計
清水谷 0 0 0 2 1 8 30

 

 

清水谷高校の定員は280名です。

 

その中で、神戸・大阪市大・大阪府大に現役で合格したのは11名です。

 

関西圏の国公立に行きたければ、トップ10に入っておかないとダメだということですね。

 

全国の国公立の合格者数は30名です。

 

つまり、全国の国公立に行きたければ、上位1割までに入っておく必要があることが分かりますね。

 

ちなみに、清水谷高校の偏差値は57くらいです。

※偏差値は五ツ木模試を参考にしています。

 

清水谷高校に入るのもしっかり勉強しないとダメですが、この中で国公立の大学に行ける生徒は極一部だということは知っておきましょう。

本気で国公立を考えているならば、入学前から意識して勉強を始める必要があるでしょう。 

 

関関同立・産近甲龍

 

現役のみ 同志社 立命館 関西 関学 京産 近大 甲南 龍谷
清水谷 21 23 87 31 13 171 1 61

実数   15        17        50      27      7        55      1         33

指定校  8          0         12       10      0        3        0         0

  

※実数は実際に合格した人数。表には延べ人数で記載しているため、1人で複数合格している場合を含みます。

 

関関同立の合格者数は、162名(実数109)

産近甲龍の合格者数は、246名(実数96)

ですね。

 

 

実数を見ると結構衝撃的な数字ですよね。

清水谷高校だと上位4割くらいに入っておかないと、 

関関同立には合格できません。

 

そして、産近甲龍の延べ合格者数と実合格者数の数が違いすぎますね。

これは、1人で2〜3の合格を勝ち取っていることになります。

 

つまり、上位の人がほとんど合格をしている可能性が高く、上位5割に入っていなければ産近甲龍に合格するのは厳しいかもしれません。

 

 

男子:併願校(私立高校)の大学合格実績 

国公立 

現役のみ 東大 京大 阪大 神戸 大阪市大 大阪府大 国公立大合計
清水谷 0 0 0 2 1 8 30
上宮 0 0 0 0 4 2 43
常翔学園 0 1 4 6 7 9 84
近大附属 0 2 11 5 10 7 120

 

京大・阪大・神戸の合格者数を見てみましょう。

 

清水谷  2

上宮   0

常翔学園 11

近大附属 18

 

京大・阪大・神戸に合格したければ、常翔学園か近大附属がいいでしょう。

 

 

次に、京大から大阪府大までの合格者数を見てみましょう。

 

   

清水谷  11

上宮   6

常翔学園 27

近大附属 35

 

 

関西圏の国公立に行きたければ、常翔学園か近大附属になりますね。

ただ、上位にいなければ合格は難しいので、本人の努力が当然必要になります。

  

 

では、全国国公立の合格者数で見てみましょう。

 

 

清水谷  30

上宮   43

常翔学園 84

近大附属 120

 

 

 

 

全国の国公立まで見てみると、常翔学園と近大附属に少し差が出ましたね。

 国公立を目指すのであれば、近大附属がいいかもしれません。

 

ただ、近大附属の場合、近畿大学に内部進学する人が多いです。

この誘惑に負けないようにしないといけないですね。

 

 

関関同立・産近甲龍 

現役のみ 同志社 立命館 関西 関学 京産 近大 甲南 龍谷
清水谷 21 23 87 31 13 171 1 61
上宮 10 8 43 8 16 60 17 38
常翔学園 60 87 133 37 63 161 9 86
近大附属 39 35 53 35 3 681 4 0

 

まず、関関同立の合格者数を見てみましょう。

 

 

清水谷  162

上宮   59

常翔学園 317

近大附属 162

 

 

関関同立に行きたい人は、常翔学園がいいかもしれませんね。

近大附属が常翔学園と比べて少ないのは、近畿大学の内部進学の存在が影響しているのでしょう。

 

 

次に、産近甲龍の合格者数を見てみましょう。

 

 

清水谷  246

上宮   131

常翔学園 319

近大附属 688

 

 

近大附属が圧倒的に多いのは、近畿大学への内部進学がかなりの数を占めるからです。

教え子でも、近畿大学に進みたいから近大附属を専願で受験する生徒が2年に1人くらいいます。 

 

  

ただ、常翔学園も十分多いので産近甲龍までに行きたい人は候補に入れるべきですね。

 

 

女子:併願校(私立高校)の大学合格実績 

国公立 

現役のみ 東大 京大 阪大 神戸 大阪市大 大阪府大 国公立大合計
清水谷 0 0 0 2 1 8 30
上宮 0 0 0 0 4 2 43
近大附属 0 2 11 5 10 7 120
国際大和田 0 2 0 5 7 14 76

※国際大和田はHP上に現役か浪人かの記載なし。

 

まず、京大・阪大・神戸までの合格者数を比較していきます。

 

 

清水谷   2

上宮    0

近大附属  18

国際大和田   7

 

 

京大・阪大・神戸に絞って考えると、近大附属になりますね。

 

 

では、京大から大阪府大までの合格者数を見ていきましょう。 

 

  

 

 

清水谷   11

上宮    6

近大附属  35

国際大和田    28

 

 

京大から大阪府大まで見ると、近大附属か国際大和田ですね。

ただ、そこまでの差はないように感じます。

 

 

次は、全国の国公立の合格者数を見ていきましょう。

 

 

 

清水谷   30

上宮    43

近大附属  120

国際大和田    76

 

 

 

近大附属が一番合格者数は多いですが、

国際大和田も十分合格者数は出しています。 

 

 

 

関関同立・産近甲龍

現役のみ 同志社 立命館 関西 関学 京産 近大 甲南 龍谷
清水谷 21 23 87 31 13 171 1 61
上宮 10 8 43 8 16 60 17 38
近大附属 39 35 53 35 3 681 4 0
国際大和田 49 116 101 41 61 172 8 76

 ※国際大和田はHP上に現役か浪人かの記載なし。

 

 

 

 

女子の場合、私立大学の方がいいという家庭もあると思います。

 

まず、関関同立の合格者数を見ていきましょう。

 

 

清水谷   162

上宮    69

近大附属  162

国際大和田    307

 

 

関関同立までに合格してほしいなら、間違いなく国際大和田でしょう。

 

 

次に、産近甲龍の合格者数を見ていきましょう。

 

 

清水谷   246

上宮    131

近大附属  688

国際大和田    317

 

 

産近甲龍に行きたいなら、近大附属か国際大和田ですね。

そして、特に近畿大学に行きたければ、近大附属一択ですね!

 

 

 

各高校の大学合格実績などの数値について 

※扱っている数値は各校のHPに記載してある数値を扱っています。

入力ミスがある可能性はあるので、発見された方はブックマークのコメントでご指摘していただければなと思います。

※防衛大などの合格者数は含んでいません。

※ほとんどが現役合格のみの数値です。ただ、一部の学校で公表していない学校があるため、現役浪人の合計値になっている場合があります。この場合、表の下に分かるように記載します。

※上記の併願校は、五ツ木模試の受験者が選ぶ割合が多い学校を選んでいます。

※上記の表で、0人と書いている項目はHP上に人数の記載がない場合も含みます。よって、0人でない可能性が十分考えられます。