現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

2020夏期講習を申し込む時に見るべき3つのポイント

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2020夏期講習を申し込むべき時に見るべき3つのポイント

公開日2020/07/19

 

トップページ(記事一覧表)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

大阪の公立高校入試倍率、強い部活情報、数学の解説など書いてますので、気になる方はクリック!

 

どうも、塾講師のこうです。

 

うちの塾では、すでに夏期講習が始まっています。

 

 

たぶん、かなり早い方ですね。

 

 

他の塾はと言えば、すでに夏期講習のチラシを大量に撒き終え、申し込みを待っているところでしょう。

 

 

それにしても、

塾の夏期講習代ってめちゃくちゃ高いですよね笑

塾講師が言うんじゃねえよって話ですが笑

 

 

10万以上超えちゃうところとかもありますしね。

 

 

大声では言えませんが、1ヶ月でそんな大金払ったとしても、

それに見合うだけの結果が出るなんてわからないです。

そのお金で、どれだけ贅沢な旅行ができるか笑

 

 

じゃあ、受けなくてもいいの?ってなると話は変わってきますよね。

 

 

では、夏期講習を申し込もうとは思っているけど、

・どんな夏期講習に申し込めばいいのか知りたい人

・この夏で学力を爆発的に上げたい人

にポイントを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

ポイント1「授業の数が少ない」

え、夏期講習なのに授業が少ない方がいいの!?

 

って思われそうですが、これは間違いないです。

 

だって、授業だけ受けて賢くなるなら学校だけで十分なんですから笑

それに、すでに学校と塾で2回授業を受けているはずです。

3回目の説明っていりますか?笑

 

 

ただ、入試問題を解く際のポイントを説明する時間はほしいので、

1日50分授業を3コマくらいがちょうどいいかなと思います。

 

 

僕の理想は、午前に授業を受けて、午後から夜まで自習ですね。

 

 

特に今年は学校の休みが少ないため、塾の夏期講習を短期間で詰め込む可能性があります。

だから、授業ばかりになる可能性が大なので注意してください。

もし詰め込むような夏期講習の内容なら、僕は絶対に受講しません。

 

 

ポイント2「夏期講習に自習時間が組み込まれているか」

 

これは夏期講習のチラシ、パンフレットを見ただけでは分からないかもしれません。

 

僕が以前勤めていた進学塾は、夏期講習の授業をして終わりです。

そして、自習室に来るかどうかは本人次第なんですよね。

 

こういう塾って結構多いと思います。

 

学力を上げるために何をすればいいのかというと、

自分で勉強する時間をどれだけ作れるかです。

 

 

僕は塾側が半強制的に自習させる環境を作るべきだと僕は思います。

そうじゃないと、高いお金を払って夏期講習に行かす必要性を感じません。

 

 

だから、夏期講習においては授業だけでなく、

半強制的に自習させることを前提にしている塾

をおすすめします。

(強制でもいいですよ)

 

 

ポイント3「テストが頻繁にあるかどうか」

僕の経験上、これは結構大事です。

理想は、毎日テストですね。

 

 

進学塾時代に毎日小テストを行なっていた記事を書いていますので気になる方はどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

 

テストは出来ているかどうかの確認として使われがちですが、

僕は

テストをモチベーション維持のために使うべき

だと思います。

 

 

毎日、変わらない勉強を続けるのはしんどいです。

保護者の方が一番わかってるんじゃないですか?笑

 

 

でも、テストがあって成績が良いとモチベーションは上がりますよね。

 

 

これを毎日味合わせてあげるべきです。

 

 

すると、勉強が意外とそこまで苦じゃなくなりますし、

テストでいい結果がほしいから頑張ろうってなります。

 

 

しかも、その日に習った内容のテストなので、そこまで勉強しなくても点数は取れるんです。

 

 

これを毎日続けたら、絶対に学力が上がると思いませんか?

だって、毎日やった内容をテストして、いい成績を取れるのだから。

逆に上がらないわけないです。

 

 

ただ、これは指導者側がかなり大変です笑

でも、高いお金のことを考えると保護者側はやれよ!!って感じですよね笑

 

 

例外:夏期講習の授業自体が半分自習のような場合 

 

ここで話す内容は、僕が勤めている塾の形態です。

 

 

僕が勤めている塾は、

1年中、基本的に自習がメイン

の塾です。 

 

 

どういうこと?ってなりますよね笑

 

 

形としては、生徒がどんどん問題を解き、

わからない問題、間違った問題、正解しているが間違って理解している問題

を解説していきます。

 

 

この場合、ほとんど自習と変わらないので、授業ばかりでも問題ないと思います。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

1人でも多くの人の参考になれば嬉しいです。

 

 

以上の内容は、単に僕が思っていることなので別の意見もあると思います。

その人は、その意見で頑張っていただければなと思います。