現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

2020京都府公立高校入試問題数学解説~大問1「計算問題・平方根・連立方程式・一次関数・円周角・資料の整理」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2020京都公立数学1
公開日2020/06/19

 

 

どうも、塾講師のこうです。

解説画像だけでなく、

解き方の流れ、考え方、覚えるべきポイント

 もお伝えしていきます。

 

 

僕は勉強が苦手で、努力で乗り切ってきたタイプです。

 

そんな僕だからこそ、勉強が苦手な人にとって分かりやすい内容になっているのではないかと思います。

 

※できる人にとったらまわりくどく感じるかもしれません。そんな人はそっとこのページを閉じてくださいね笑

 

また、問題集の解説がどうしても分かりにくいなーって思った経験ありませんか?

僕はあります。

 

この経験があって、ブログにもっと分かりやすい解説を載せようと思いました。

 

ぜひ少しでも多くの方の参考になればなと思います。

 

 

 

 

 

 

 解説している問題を見たい方はこちらからどうぞ。

 引用元:京都新聞

 

大問1☆(1)〜(4)解説

 

2020京都公立数学1_1-4

これらの問題はどこの学校を受験することになっても、

 

 

必ずできるようにしておきましょう

 

 

ただ、油断はダメです。

 

 

符号のミスが起こる問題がいくつかあります。

 

 

どれか分かりますか?

 

 

これが分かるようになれば、

 

 

ミスはほとんどしないはず。

 

 

仮にミスをしたとしても、

 

 

見直しで気付くことができます。

 

 

大問1☆☆(5)〜(7)解説

2020京都公立数学1_5-7


(5)は確実に正解したいですね。

 

 

直線を描くために、

 

 

何が必要なのか

 

 

必ず確認しましょう。

 

 

必要なのは、

 

 

傾き

切片

 

 

ここを押さえることができれば

解けます。

 

 

 

 

 

 

(6)は解き方を知っているかどうか。

 

 

ただ、なぜ全部√にするのか。

 

 

ここをしっかり理解しておかないと

 

 

次の時に

 

 

何をすればいいのか忘れているでしょう。

 

 

なぜこんなことをするのか

 

 

常に疑問に思ってくださいね。

 

 

そうすれば、忘れなくなります。

 

 

 

 

 

(7)は円の中心と直径に注目できるかがかなり重要。

 

 

ここを見れていないと本当にダメ。

 

 

逆にいうと、

 

 

ここを見れていないから

 

 

補助線を引くことに

気づかなくて

 

 

解けないのだ。

 

 

補助線が必要になると、

 

 

急にできなくなる生徒が出てくる。

 

 

それは、見るべきポイントが分かっていないから。

 

 

もちろん、何回も解くことで

 

 

なんとなく解けるようになるのかもしれない。

 

 

しかし、それができるのは

 

極一部だ。

 

 

しかも、時間がかかる。

 

 

解き方のポイントがわからない場合、

 

ぜひ先生に聞いてみよう。

 

 

「先生ならこの問題を解く時に

どこに注目して解きますか?」

 

 

という感じに。

 

 

 

大問1☆☆(8)解説

2020京都公立数学1-8

この問題は

 

 

小学生でもできちゃう子はいますね。

 

 

だって、5個のうち1個が当たりとすると、

10個あれば当たりはいくつ?

 

って問題と同じですよね。

 

 

ただ少し数字が難しいだけ。

 

 

 

こんなことを言うと、

誰もができてそうだと思いますよね笑

 

 

しかし、現状はこの問題ができない人が結構いるんですよね。

 

 

この問題は、中3の最後の方でやるんですが

 

 

壊滅的にできない生徒が必ず出てきます。

 

 

この原因は、小学生で分からないままにしていることがあるからです。

 

 

特に、小5、6で習う算数を身につけていないと

中学から落ちこぼれる可能性大です。

 

 

ぜひ小学生のうちにできるようにしておきましょう。

 

 

 

 

大問2の解説を見たい方はこちらをどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓

www.jukuteacher.com

 

 

 

京都府の数学大問1の難易度

難易度☆

 

難易度の説明

☆:全員解けなければならない問題

☆☆:標準問題(B問題採用校受験の人は解けるようにすべき問題)

☆☆☆:応用問題(C問題採用校受験の人は解けるようにすべき問題)

☆☆☆☆:チャレンジ問題(解けなくても合格できるであろう問題)

 

A問題採用校受験の人は、☆の問題のみ解いていきましょう。

B問題採用校受験の人は、☆と☆☆の問題をまず解けるようにして、余裕があれば☆☆☆まで解けるようにすると最高です。

C問題採用受験の人は、☆~☆☆☆を全部解けるようにしましょう。そして、できなくてもいいので☆☆☆☆は必ずチャレンジしてください。

 

 

 

2020年全国の入試問題を解いて合格に近づきたい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

 
 

 

今回は2020年京都府公立高校入試数学大問1をお伝えしました。

  

 

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。