現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【英語】GACKTによる英語ガク習塾が開校!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

GACKTによる英語ガク習塾

公開日2020/04/26
どうも、塾講師のこうです。

 

 

タイトル通りですが、4月24日に

YouTubeで

「GACKTによる英語ガク習塾」

が開校されました。

youtu.be

 

 

僕は塾講師で働いていますが、英語は話せません・・・。

 

 

ずっと話したいなーって思っていて

いろんな教材を買ったりしました。

 

 

しかし、話せるようになりませんでした。

 

 

そんな中、今日2020年4月26日に

英語ガク習塾

に出会い、今度こそ話せるようになろうと思わせて頂きました。

 

続くか分かりませんが、とりあえず、やっていきます!

 

そこで、GACKTによる英語ガク習塾がどのようなものなのか紹介したいと思います。

 

 

 

英語ガク習塾は発音中心のレッスン

 

英語ガク習塾は、メモに書いたりはせずに、発音中心のレッスンです。

 

 

なぜ発音を中心にレッスンするのか?

 

発生ができるようになると、

言葉のコツやポイント

が分かるようになるから。

 

さらに、

自分が発生できたものは耳の中に入ってくるようになる。

 

だから、発音を中心としたレッスンになっているようです。

 

 

英語ガク習塾の練習時間は1時間ほど

 

短い時間の動画を見ただけで、英語が話せるようになるはずがない。

 

よって、最低1時間は必ず必要になる。

 

だから、毎日1時間しっかり練習する人のみやってくださいとのこと。

 

 そして、

しっかり1時間繰り返して分からないところを戻って

やり直すことができる人は必ず話せるようになる

と断言していました。

 

 

しかも、ただ話せるようになるだけでなく、ネイティブの発音で話せるようになると。

 

 

GACKT流、英語が上達する重要な6つのポイント

この6つのポイントは紙に書いて壁に貼ること

ちなみに僕は、ノートの表紙に書きました。

 

必ず毎日続けること

正しい発音ができるまで何度も発生の練習をすること

手鏡を持って口の形をしっかり認識して発生すること

英語は日本語の母音には無い音で会話をしなければならない。

 

つまり、

 

新しい口の形を覚えなければ話せないということ。

 

しかし、自分が想像している口の形、顔の表情と

実際にできている口の形、顔の表情は違うことが多い。

 

本に発音するときの口の形は載っているが、多くの人は出来ていないので発音することができない。

 

だから、発音に必要な口に形、表情を手鏡を見ながら認識して練習しなければならない。

 

 

自分の発生とGACKTの発音の違いを録音して確認

間違った発音と正しい発音を見つけて修正していく癖をつけることが英語を上達する上でとても大事。

 

Siriに向かって発生し、正しく認識してくれるかをチェック

練習した発音をSiriが正しく聞き取ってくれるかをチェックする。

 

正しく聞き取ってくれなければ、間違った発音を修正し続けていくだけ。

 

今日覚えたことを誰かに何も見ないで教えること

このポイントが一番大事。

 

教えるという行為には理解が必要。

 

ほとんどの人が分かったつもりでいるので、教えようとすると言葉が出てこない。

 

つまり、理解できていないということが分かる。

 

 

だから、理解するために教えることが最重要と言える。

 

英語を上達するには、覚えてとにかく伝えること。

 

相手に教えたことは忘れなくなる上に、自分のためになる。

 

 

GACKTは編集なしで1時間付き合ってくれる 

編集で動画を繰り返したりすることは可能だが、GACKTは同じ1時間を共有してくれるらしい。

 

 

これは頑張ろうと思っている人にとっては嬉しいですね。

もっと頑張ろうという気力が湧いてきます笑

 

 

レッスンで使う英語は映画「Knight and Day」のフレーズです。

 

この映画の特徴は

日常会話多いこと

です。

 

これも嬉しいですよね。

 

やっぱり、大人になって身に付けたいのは

 

英語でコミュニケーションをとること

 

つまり、日常会話を英語ではなすことなんですから。

 

 

英語ガク習塾はすべてアメリカ英語

 

英語はいろんな国で話されているので、国によって癖があります。

日本だと、イギリス英語とアメリカ英語の場合を考えればいいですね。

 

英語ガク習塾では、イギリス英語ではなく、アメリカ英語を使うみたいです。

 

 

日本人にとって、イギリス英語の方が日本語の母音の発音に似ているから理解しやすいと言われています。

 

しかし、これだといつまで経っても日本語の母音を使ったまま英語を話す癖が抜けないとGACKTは考えているようです。

 

 

だから、アメリカ英語を使うみたいです。

 

 

あと、もう一つ理由があって

 

日本人の多くはハリウッド英語が大好きですよね。

 

あれって当然アメリカ英語ですよね。

だって、ハリウッドはアメリカにありますからね笑

 

つまり、アメリカ英語を習得できれば、ハリウッド映画を字幕なしで見れるということになるからなんです。

 

ちなみに、今回レッスンで使う映画「 Knight and Day」もハリウッド映画です。

 

 

最後にGACKTからのメッセージを紹介

GACKTと本気で英語を一緒にやりたい

発音がしっかりできるようになりたい

アメリカ人たちのネイティブの発音をきれいに出せるようになりたい、それが聞けるようになりたい

 

大切なのは、実行できる人

 

英語が上達する6つのポイントを頑張ろうと決めた人だけが次のレッスン動画に進んでください。

 

実際に英語ガク習塾を受けてみた感想 Lesson1~3 

www.jukuteacher.com

 

 

以上になります。