現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

指導しない塾がやっぱり最強な気がする

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

どうも、塾講師のこうです。

 

 

みなさんは、

 

塾にどんなことを望みますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧な指導?

 

 

管理してくれるか?

 

 

学校の宿題をみてくれるか?

 

 

子供の様子を頻繁に連絡してくれるか?

 

 

受験情報もたくさんもっているか?

 

 

子どもをしっかり引っ張ってくれるか?

 

 

合格する指導をしてくれるか?

 

 

 

人によって、塾によって、変わってくるとは思う。

 

 

 

 

うちの塾

 

 

英語以外の科目は、

 

 

さぁ、まず、自分でやってごらん!

 

 

って感じで始まる。

 

 

新しい単元であっても、いきなり教えたりしない。

 

 

まあ、明らかに難しかったり、その子の学力では難しかったりするときは手助けはする。

 

 

だから、自分でどんどんできちゃう子はすごい速度で成長する。

 

 

一昨年は、大阪の文理学科に合格する生徒もいた。

文理学科を持つ学校は、大阪から指定されたトップ校である証。

 

 

学力的に大阪の中でも低い地域なので、少し寂しいが笑

 

 

でも、成長する速度が遅い子はほとんど成長してないようにみえるだろう。

保護者にとって。

 

 

周りから成長してないように見れるかもしれないけど、こちらからはほんの少しだけど成長してるようにちゃんと見えている。

 

 

ここを待ちきれない親は、転塾の道を選ぶ。

 

 

うちは引き止めたりは絶対にしない。

 

 

きっとこういう親は、

今すぐに成績を上げてくれることを望んでいるんだろう。

 

 

正直、そんなことはめちゃくちゃ簡単だ。

 

 

よく塾の広告で、

成績保証あります!

達成しなかったら返金します!

みたいなのあるけど

 

 

あー、常に隣にいて丁寧に指導して成績あげるんだろうなーって思ってしまう笑

 

 

それか、

 

 

やばい!

このままでは返金になってしまう!

次からもっと丁寧に指導して成績を上げるぞ

って感じだと思う笑

 

 

これの何がダメなの?って思う人もいるよね笑

 

 

こういう人は、高校での現実を知らない人だと思う。

 

 

特に個別指導で丁寧に教えてもらって、学力を上げた子は

 

 

高校での落ちこぼれになる

 

 

という現実を。

 

 

高校は、一人一人丁寧になんて見れるわけない。

 

 

自分で予習して、授業を受けていくスタイルが基本だ。

特に、英語、古文、漢文はこのスタイルが多数派だと思う。

 

 

 

もう想像できますよね?

 

 

予習ができない姿が。

 

 

予習してるように見えるかもしれないけど、内容的には予習できていないに等しいはず。

 

 

なぜこうなるのか。

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

自分で考えて行動していないから。

 

 

 

 

これしかない。

 

 

 

 

だから、うちはこのままの形でいくと思う。

 

 

 

でも、独立したらもっと指導時間は減らすと思う。

 

 

不可能だけど

限りなく指導時間ゼロを目指して。