現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

小数のわり算をできるするようにするために

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

どうも、塾講師のこうです。

 

 

昨日の話です。

 

塾の小学5年生の女の子は

小数のわり算を勉強してます。

 

 

進みが速い子ではないですが、学校よりも少し先を勉強してます。

 

 

速い子だと、2学期の終盤で習う内容を勉強してますね。

 

 

で、その女の子は小数の計算に苦戦中(笑)

 

 

まあ、みんないきなりは出来ないですから。

 

 

わり算の筆算はできる前提で話しますが、

 

 

わり算の小数で間違いが多い子の多くは、

 

自己流でやろうとしがちです。

 

自己流というより、

 

めんどくさがりなのかもしれませんけど笑

 

 

 

じゃあ、どんなことをめんどくさがるのか。

 

 

それは、

 

小数点の移動を書かない

 

ことです。

 

 

間違える子の多くは書いていません。

 

 

ただ、ここで叱ってはいけません。

 

 

 

僕がなぜ見本で書いて説明したのか

なぜ書いてほしいのか

 

を聞きます。

 

 

そして、最後にその答えを言います。

 

 

 

どんな風に持っていきたいのかというと、

 

 

最初から自己流でやると大変だよってことを伝えたいんですよね。

 

 

現状が間違えだらけなのだから、間違い直しが大変なわけです。

 

 

でも、言われたことを守ってやれば、間違いはかなり減ります。

 

筆算に問題はないですからね。

 

 

君はどっちをえらぶ?って問題になるんですよね笑

 

 

これで持っていくと、

 

 

こっちからの指示じゃなく、生徒自身が選んだ選択になるので

 

 

このあとはしっかりやってくれます。

 

 

一回でできない子は多いですが、根気よく接していきます。

 

 

次は金曜日に授業なので、そのときに出来ているか楽しみ笑