現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学過去問を解き方と考え方とともに解説】2018福島県公立高校入試問題~大問2(4)「おうぎ形の面積」~計算を少し速くするコツを紹介

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018福島2_4
公開日2019/11/19



どうも、塾講師のこうです。

解説画像だけでなく、

解き方の流れ、考え方 

 もお伝えしていきます。

 

解説の言っていることは分かるんだけど、そんな風に解けないんでよねって人多いですよね。そんな声に応えるために、僕の普段解いているときに考えている流れをなるべく再現していきたいと思います。

 

僕自身、勉強は苦手で、努力でこれまで乗り切ってきました。だから、勉強の苦手な人こそ分かりやすい内容になっているのではないかと思います。

 

また、解説内容に関してまだまだ改良の余地はあると思っていますので、どんどん良いものになるように頑張っていきたいと思います。

 

 

2018全国公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

※2019/11/19現在まだ、東北あたりの分しかありません。今後、どんどん増やしていきます。 

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

 

 

福島県の数学の難易度

大問2(4)

基本問題

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

絶対にできないとダメな問題です。

出来なければ公立は不合格になると思ってください。

 

◎B問題採用校受験予定の方

これを間違えるのはNGです。一瞬で解きましょう。

 

◎C問題採用校受験予定の方

合格者で間違える人はいないと思ってください。間違えれば、合格から遠ざかるでしょう。

 

 大問2(4)

2018福島2_4

これは、公式をしっかり覚えておく問題ですね。

 

 

ただ、公式を覚えていても間違う人は出てきます。

単なる計算ミスならまだいいんですけど(良くはないですけどね笑)、面積を求める問題なのに、円周求めてたり・・・。

つまり、問題文をよく読まないで間違うパターンですね。

 

 

これは絶対にしてはいけないミスです。

何となく読んでいる証拠です。

このようなミスが多い場合、聞かれている部分を丸で囲んだり、下線を引いたりしましょう。これを行っていれば、読み違えるというミスはしないはずです。

 

 角度の計算を速くするできるちょっとしたコツ

 角度の計算って、意外と計算が大変だったりしますよね。しかも、ミスが以外に多い。

このようなミスを少なくする方法があります。全部の問題に使える訳ではありませんが、多くの問題に使えるはずです。

 

 

まず、おさえるべきポイントの紹介!

重要ポイント

角度を「円」でイメージ!

この考え方って結構大事です。

中学から塾に来たり、転塾してきたりした生徒でこれを知っている子っていないんですよね。

 

でも、これだけじゃよく分からないってい人もいると思います。

今回の問題に出てくる270度をこんな風に考えたら計算が楽になるよ!っていうのを下にまとめてみました。

イメージ図

270度を円でイメージするとこんな風になる

 

この流れを知っていれば、270/360を約分したりする必要が全くないので計算する場所がなくなるんですよね。



 270度以外によく出てくるものを紹介すると

イメージ図

45度、90度のイメージ

このイメージも知っておくと、本当に便利です。

計算しないとダメなところが、計算をゼロにすることができるんですからね。

 

 

角度以外にも、時間の計算で使えます。

例えば、20分って何時間?って問題とかにね。

 

 

こういうことは、小学生のうちに塾で教えちゃいます。

速さの勉強をしたいのに、時間の変換につまずいて速さの勉強が全くはかどらなかったりします。だから、小学生でイメージの仕方を教えておくと、時間の変換でつまづかないでしっかり速さの勉強に打ち込むことができるんですよね。

 

 

今回は福島県の公立高校入試大問2(4)をお伝えしました。

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。