現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学過去問解説】2018山形県公立高校入試問題~大問2の3「確率」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018山形2_3




どうも、塾講師のこうです。

 

 

 

2018全国公立高校入試問題「数学が苦手な人のための解説まとめ」も日々更新中♪

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

 

山形県の数学の難易度

大問2の3

基本問題

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

樹形図をかけば、すぐ答えが出るのでしっかり取り組んでみましょう

 

◎B問題採用校受験予定の方

必ず解きましょう。

これができないと合格はかなり難しいでしょう。

 

◎C問題採用校受験予定の方

余裕で解いてくださいね。

 

 大問2の3

2018山形2_3


(1)樹形図の一部をかく問題は珍しいですね。ほとんど結果だけを求められるので。

しかし、樹形図をかくことをを求められても難易度は変わらないですね。

だって、答えを導くのに樹形図を問題用紙に書くか解答用紙に書くかの違いですから。

 

(2)このような問題がどんどん増えていくのではないでしょうか。単に確率を求める問題より理由を求める問題にした方が難しく見えますしね笑

 

ただ、問題の内容的にはそこまで難しくないです。2枚とも飛車が出る確率をそれぞれ出してどちらの確率が高いかを調べるだけですもんね。

 

 

 

今回は山形県の公立高校入試大問2の3をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。