現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018山形県公立高校入試問題~大問2の2「1次方程式、連立方程式」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018山形2_2





どうも、塾講師のこうです。

 

 

 

2018全国公立高校入試問題「数学が苦手な人のための解説まとめ」も日々更新中♪

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

 

山形県の数学の難易度

大問2の2

標準問題

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

できればできるようになってほしい。しかし、どうしても難しそうなら飛ばすのもあり。

 

◎B問題採用校受験予定の方

解けるようにしておいてほしい。

学校や塾の問題集で同じような問題があると思います。それを使ってしっかり解けるように演習しましょう。 

 

◎C問題採用校受験予定の方

必ず解けるようにしましょう。

 

 大問2の2

2018山形2_2


このように1次方程式か連立方程式の答え方が選択できるのは珍しいですよね。

たしかに、連立方程式を習った上で、1次方程式の問題を解くと多くの生徒が連立方程式で解きますもんね。

 

 

僕の予想では連立方程式で答えた人が多数派だったと思います。

ということは、1次方程式で答えなさいと言えば、正答率が下がったかもしれませんね。

 

 

理由は簡単で、これと同じような問題が連立方程式の分野で出てくるんですよね。 

定期試験でもほぼ同じような問題が出ていたと思います。 

 

ただ、これだけは言えますね。

どっちでも答えられるように準備しておきましょう。

 

今回は山形県の公立高校入試大問2の2をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。