現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018山形県公立高校入試問題~大問2の1「反比例、2乗に比例する関数」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018山形2_1


どうも、塾講師のこうです。

 

 

 

2018全国公立高校入試問題「数学が苦手な人のための解説まとめ」も日々更新中♪

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

 

山形県の数学の難易度

大問2の1

(1)基本問題

(2)応用問題 

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

(1)は必ずできるようにしましょう。

(2)はできなくても構わないです。

 

◎B問題採用校受験予定の方

(1)は必ず解きましょう。

(2)は入試本番では飛ばしてもいい問題だと思います。なぜなら、気付かないといつまで経っても解けない可能性があるからです。

 

◎C問題採用校受験予定の方

(1)は一瞬で解けるとして、(2)はしっかりチャレンジしましょう。意外に解けない人もいると思うので、こんな考え方もできるんだという経験を積んでおくべきです。

 

 大問2の1

2018山形2_1

(1)はよくある基本問題なのでしっかり正解しましょう。

また、ここで計算ミスすると、次の問題も間違いになることもあるので注意しましょう。

 

(2)は難しいと感じた人が多かったのではないでしょうか。

長方形の面積を求めるには、縦と横の長さが必要です。

しかし、この問題は両方とも分かりません。

 

じゃあ、どうするのかってことをしっかり考える必要がある問題です。

 

今回の場合、この面積と反比例の比例定数が同じになることに気が付く必要がありました。

また、反比例の比例定数の求め方を「a = x × y」といつも考えている人にとっては簡単だったかもしれませんね。「xが横」で「yが縦」になることが分かれば一瞬で答えに辿り着いたことでしょう。



 

 

 

 

 

今回は山形県の公立高校入試大問2の1をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。