現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018秋田県公立高校入試問題~大問5のⅡ「1次関数、2次関数、確率」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018秋田5_Ⅱ


 

どうも、塾講師のこうです。

 

 

 

2018岩手公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

 

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

秋田県の数学の難易度

大問5

(1)基本問題

(2)標準問題(だが、正答率は低いかと)

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

(1)だけはぜひ解けるようにしましょう。

 

◎B問題採用校受験予定の方

最後の問題以外は解けるようにしましょう。

最後の問題はやらなくてもいいです。

余裕があればやってもいいですが、 他の問題に時間を使った方が得策です。

 

◎C問題採用校受験予定の方

最後の問題以外は必ず正解しましょう。

最後の問題は、できれば解いてほしいなって感じの問題です。

正解に辿り着かなくても、しっかり考えることが大事な問題なので、できなくても自分を責めないで大丈夫です。解説を見て「なるほど」って思えば問題ないでしょう。

 

 大問5のⅡ (1)

 

2018秋田5_Ⅱ-1

うーん、選択問題(おそらく上位校用)なのに少し簡単すぎるかなという印象(笑)

僕なら放物線と直線の方程式を解かせるけどな笑

 

まあ、これを落としていては上位校に合格できないでしょう。 

他に特にいうことはありません。

 

大問5のⅡ(2)

2018秋田5_Ⅱ2-3

 

①は少し難しいですね。
(1)との差がすごい笑

 

まあ、上の解説のように正確な図をかくことができれば特に問題ないでしょう。

ただ、放物線は正確にかくこと。

分数になるところもなるべく正確に書かないと間違える可能性が出てきます。

 

②はかなり難しいですね。その上、めんどくさい。

だから、入試の時に、ここまで辿り着けなかった人、途中で終わった人がたくさんいたのではないでしょうか。

 

つまり、本番で別に解けなくても合格する問題かなと思います。 

 しかーし、とてもいい問題なので入試に向けて勉強する人は時間をかけていいので、最後まで考え抜いて答えを出してみてください。

 

 

今回は秋田県の公立高校入試大問5をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。