現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018秋田県公立高校入試問題~大問1(11)~(13)「円周角、角度、資料の整理、平行線と比」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018秋田1_11-13



 

どうも、塾講師のこうです。

 

2018岩手公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

 

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

秋田県の数学の難易度

大問1(11)~(13)

基本的なよく出る問題ばかりです。

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

全部できるようにしましょう。

どの問題も出る可能性が十分にあります。

 

◎B問題採用校受験予定の方

全問必ず正解です。

 

◎C問題採用校受験予定の方

必ず全問正解です。 

全部で2分あれば解けると思います。

 

 大問1(11)

2018秋田1_11



これが解けない人は、円周角の問題をもっとたくさん解きましょう!

明らかに演習不足です。

 

直径となる線が出てきたら、90°の角度が必ず作れます。

これを常に意識しましょう。

 

 

 

大問(12)

2018秋田1_12


これは簡単ですね。

錯角さえ気づいていれば問題ないでしょう。

これ以上言うことないです笑

 

 

 

大問1(13)

2018秋田1_13



これは教科書や問題集に必ず見たことがある問題です。

記憶にないって人はやばいですよ!

何問かすればできるようになるので、練習しましょう。

 

このような問題は、解説のポイントにも書いたようにピラミッドやリボンが作れないかなってことを常に意識しましょう。

この形を意識するのは、相似な三角形があるからです。

 

 

 

今回は秋田県の公立高校入試大問1(11)~(13)をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。