現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018秋田県公立高校入試問題~超基本的な計算問題大問1(4)~(6)~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018秋田1_4-6



 

どうも、塾講師のこうです。

 

2018岩手公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

 

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

秋田県の数学の難易度

大問1(4)~(6)

教科書に必ず載っているような超基本問題ばかりです。

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

必ず全部解けるようにしましょう!

解けなければ、公立高校に合格できないと 思って頂いて結構です。

 

◎B問題採用校受験予定の方

必ず全問正解です。 

 

◎C問題採用校受験予定の方

必ず全問正解です。 

 

 

 大問1(4)

2018秋田1_4


この問題は特に難しくないですが、できない人は次のことが分かっていないだけです。

「解が3のとき」は「x=3のとき」と同じである。

 

中3でもこのことを理解していない人が毎年出てきます。

これは方程式の問題を機械的に解いており、自分が何を求めているのかを理解していないのが原因です。

 

ビックリしますが、毎年必ずできない生徒がいます。

かなり難易度が高ければ、機械的に解いてもしょうがないかなと思います。

しかし、このような問題は初歩的な内容なので、しっかり理解して解いてほしいですね。

 

 

 

大問1(5)

2018秋田1_5


いきなり代入して計算しないでくださいね??

絶対ですよ??

 

別に代入してもいいですけど、大変なだけです。

楽できるときは楽しましょう。

 

ということで、初めにしてほしいのは与えられたしいをもっと簡単にすることですね。

簡単にしてから、代入するとあっという間に終わりますし、めんどくさい計算をしなくて済みます。

 

 

 

 

 

 

大問1(6)

2018秋田1_6

簡単な因数分解ですね。

「積が6」で「和がー5」になるペアを探せばいいですね。

 

決していきなり解の公式を使わないでくださいね。

使っても解けますけど・・・、時間かかりますし、計算ミスが起こる可能性が高いです。

 

さっきと同じですが、因数分解の方が楽なんです。

少し覚えること増えますが、楽できるために頑張って覚えましょう!



 

 

 

 

 

今回は秋田県の公立高校入試大問1(4)~(6)をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。