現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018岩手県公立高校入試問題~大問8「言葉の意味を分かっていないと解けない資料の整理」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018岩手8



 

どうも、塾講師のこうです。

 

2018青森県公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

 


 

 

 

岩手県の数学の難易度

大問8

標準問題より少し難しめです。

 

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

入試本番でこのような問題は解くことはないと思います。

中央値、平均値、最頻値、階級値を聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

 

◎B問題採用校受験予定の方

このような問題を解けるなら、余裕で合格できる力があります。

また、できなかった人は中央値、平均値、最頻値、階級値が問われればしっかり解けるようにした上で、言葉の意味やいつ使うのかを理解していきましょう。

 

◎C問題採用校受験予定の方

こういう問題をしっかり答えられる生徒を学校は求めています。パターン化された問題しか解けない人は上位校には合格できません。なぜこの公式を使うのか、なぜ今回はこの解き方がいいのかまで考えながら解くようにすることを心がけましょう。

 

 大問8

2018岩手8


まず何を考えればいいのか分からなかった人も多いのではないでしょうか?

今回は、えりかさんが上位10人以上、つまり、上位半分以上に入っている理由を述べる問題です。

 

ここで大事になってくるのは、「半分」というワードですね。

このワードから中央値を求めればいいという考えに至ることができれば解くことができます。

 

この問題で全く手が出なかった人は、資料の整理の問題を機械のようにパターンで解く問題ばかりを解いてきたはずです。

つまり、中央値、平均値、最頻値などの言葉の意味やいつ使うのかを考えていないということです。

上位の学校に行きたい人は、1つ1つのことをしっかり理解しながら解くようにしていきましょう。

 

 

 

 

今回は岩手県の公立高校入試大問8をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 2018岩手県公立高校入試問題大問1の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2018岩手県公立高校入試問題大問2、3の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2018岩手県公立高校入試問題大問4の解説を見たい方はこちらをどうぞ。 

www.jukuteacher.com

 

 

2018岩手県公立高校入試問題大問5の解説を見たい方はこちらをどうぞ。 

www.jukuteacher.com

 

2018岩手県公立高校入試問題大問5の解説を見たい方はこちらをどうぞ。  

www.jukuteacher.com

 

2018岩手県公立高校入試問題大問6の解説を見たい方はこちらをどうぞ。  

www.jukuteacher.com

 

 

2018岩手県公立高校入試問題大問7の解説を見たい方はこちらをどうぞ。  

www.jukuteacher.com