現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018岩手県公立高校入試問題~大問2、3「等式、比例」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018岩手2,3

 


 

どうも、塾講師のこうです。

 

2018青森県公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

 


 

 

 

岩手県の数学の難易度

大問2、3

基本的な問題ばかりです。

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

大問2は必ずできるようにしましょう。

大問3も難しくはありませんが、分からない人もいるかもしれませんね。1度目は間違えてもいいので、しっかり理解しましょう。特に、表面積と速さの問題は頻出で間違える人が多いのでしっかり理解してくださいね。 

 

 

◎B問題採用校受験予定の方

全部正解してくださいね。

2分くらいでサッと終わらしましょう。

ただ、大問3を間違える人はいるはず。間違えた人は、不合格になる可能性が高いです。しっかり正解できるようになりましょう。 

 

 

◎C問題採用校受験予定の方

余裕で全問正解でお願いしますね。

全部で、1分もかからないでできるはずです。 

 

 

 大問2

2018岩手2


等式で表しなさいって中3になるとあまり見かけないので、忘れていたりしていませんか?

 

そんなはずないやろって思う人が大多数だと思いますが、忘れている人がいるのが事実なのです。

しっかりどのように答えたらいいのか覚えときましょう。



 

大問3

 

2018岩手3

(ア)は表面積を求める問題です。たまに、体積を出している人を見かけます。しっかり問題文を見て解いてくださいね。

 

 

(イ)速さの問題は苦手な人が多いですよね。

上の解説では、み・は・じの公式(学校によっては、き・は・じやは・じ・き)で解きましたが、個人的にこれで解くのは嫌いです。

なぜなら、公式に当てはめるだけで解いていることにより、速さの問題の苦手を作りだしているからです。意味を理解しながら、解いていけばこの公式は必要ないと思います。 

 

 ただ、公式を覚えなければ解けない子がいるのも事実。そういう人は、公式を使っていいので、まず、解けるようにしましょう。

 

 

 (ウ)(エ)この2問に関しては、出来がいい問題ですね。だから、特に言うことはないです。

 

 

今回は岩手県の公立高校入試大問2、3をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 2018岩手県公立高校入試問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com