現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018岩手県公立高校入試問題~大問1「超基本的な計算問題」~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018岩手1


 
 

どうも、塾講師のこうです。

 

2018青森県公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

 


 

 

 

岩手県の数学の難易度

大問1

超基本的な計算問題ばかりです。

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

必ず全部解けるようにしましょう!

ここの問題を一問でも一問でも落とせば合格できないと思ってください。

A問題採用校は、計算問題で合否が決まると言ってもいいと思います。 

 

 

◎B問題採用校受験予定の方

確実に全問正解してほしい問題ばかりです。ここでミスしていれば、反省しましょう。

そして、どんなミスをしたのか必ず確認してください。ミスの仕方には、1人1人癖があります。当日、その癖を知っているかどうかは、ミスを防ぐ最大の強みになります。

 

 

◎C問題採用校受験予定の方

余裕で全問正解でお願いしますね。

全部で、1分もかからないでできるはずです。 

 

 

 大問1(1)

2018岩手1



(1)入試問題の超定番問題の計算です。かっこの前にマイナスが出てきたら、間違わせようとしているなと思えるようになってほしいですね。

 

(2)これは割り切ることができるので、難しくないですね。しっかり正解しましょう。

 

(3)これも基本的な問題ですね。展開の公式は全部言えますか?1つでも怪しいものがあれば、今すぐに覚えてください。

 

(4) これも公式のまんまの問題ですね。因数分解の公式も大丈夫ですか?

基本的に展開の公式を逆にしただけなので、問題ないと思います。

もし逆になると分からなくなる人がいれば、同じような問題を何回も解いて体にしみこませましょう。

 

(5)これは最初に何を考えるべき問題でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫ですよね??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解の公式って思っている人は勉強不足ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に、考えないとダメなのは、因数分解できるかどうかです。

因数分解を考えてみて、できなければ解の公式を使っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今回は岩手県の公立高校入試大問1をお伝えしました。

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。