現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

【数学解説】2018青森県公立高校入試問題~大問2~

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018青森2


 

どうも、塾講師のこうです。

 

試行錯誤しながらブログを書いているので、北海道の時と少し変えています笑

2018北海道公立高校入試問題「数学」の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

 

www.jukuteacher.com

 

青森県の数学の難易度 

大問2

教科書に載っているような標準問題です。

ただ、ワークなどに必ず載っているような問題ばかりなのでそこまで対策は必要ないかなと思います。ただ、定期試験で平均点以下の点数であれば、今までに受けた定期試験を引っ張り出してきて、解くことをおすすめします。もしくは、ワークの標準問題のみを解いていっても良いですね。

 

《大阪の受験生向け》

◎A問題採用校受験予定の方

完全に解くことが無理な問題ではないと思います。ただ、大問1でつまづいているようであれば、手を出さなくて構いません。大問1が解けるようであれば、ぜひチャレンジしましょう! 

 

◎B問題採用校受験予定の方

できれば間違えたくない問題です。1度目では解けない人が出てくると思いますが、繰り返し解けば必ず解ける問題です。1問でも多く、できない問題をできる問題に変えていきましょう! 

 

◎C問題採用校受験予定の方

1問でも間違ってはダメです。ただ、速く、正確に解けることを心がけてほしいですね。 

 

 

大問2(1)

2018青森2_1

これは特に難しくないので、サッと正解をもらいましょう!

今まで何度も言ってますが(これからも何度も言いますが笑)、

カードやサイコロは表で解くようにした方がいいです。

 

理由は一目瞭然で、見直しが圧倒的にしやすい。そして、抜け落ちが起こりえないことですね。

 

 

大問2(2)

2018青森2_2

 

これは見た瞬間に、

「あー、難しそう・・・」って思う人が出てきそうですね。

解く前から決してあきらめないでください。

 

 

あきらめそうになったら、

「あきらめないで―」

ってCMのシーンを思い出してください。

 

 

もしくは、

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

で有名な安西先生の言葉を思い出してください笑

 

 

 

文章が長くて一見難しそうに見えますが、そこまで難しくないです。

勝ち(+2)、負け(−1)、あいこ(+1)の各点数の合計が12や6になる方程式を作ることができればだけです。

 

 

落ち着いて1つ1つ理解していきましょう。

もちろん、普段できていないのに入試で突然できることはありえません。

普段からどうやって方程式を作ればいいのか、1つ1つ考えましょう。

 

また、連立方程式で解くためには、2つの方程式を立てる必要があります。

方程式を組み立てる人が苦手な人は、まず、1つだけでもいいので方程式を立てる努力をしましょう。2つのうち1つは簡単に方程式を組み立てられる場合が多いので。 

 

 

今回は青森県の公立高校入試大問1をお伝えしました。

 

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【数学解説】2018青森県公立高校入試問題~大問1~を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com