現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

「数学」2018北海道公立高校入試大問5(裁量問題)ー問2

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018北海道5

 

どうも、塾講師のこうです。

今回の問題は少しだけ難易度が高いかなという印象です。

等積変形、面積比を用いる問題になっています。偏差値60を超える学校を狙う人はしっかり解いてほしい問題かなと思います。

 

 

2018、2019年の大阪の入試問題数学は全部解き終わったので(3月に英数は解いてましたが笑)、全国の公立入試問題数学にシフトしていきたいと思います。

まずは、北海道から行って見ましょう!

 

 2018年に行われた北海道公立高校入試数学の手書き解説をしていきたいと思います。 

 

  

北海道公立高校入試「数学」 

北海道の入試問題は大問1~大問5の5題です。

学校によっては、大問2~大問5まで同じで、最後に学校裁量問題(思考力を要する難しい問題)が追加されます。大問1は簡単すぎるということですね。

 

学校裁量問題はまだ見ただけですが、中学受験の問題に似ているなーっていうのが第一印象でした。もちろん、内容は中学生の内容です。

また、私立の入試問題で見るような問題であるとも思いました

これは公式に当てはめて、単純に解いているような中学生では太刀打ちできないでしょう。

 

 

 

大問5-問2

2018北海道5_2sairyo


(1)問題が等積変形を使って解くんだよって誘導してくれているように僕は感じました。でも、なかなか気付くのは難しいかもですね。

これは、問題を解いた経験の数が解決してくれるところですね。

 

上位校を目指すなら、この時期から入試問題に取り組んで経験を多く積んでほしいです。

 

 (2)面積比を用いて解くことを苦手とする中学生は多いように感じます。

これは、先ほど書いたことと重複しますが、経験の数が解決してくれるでしょう。

 

また、学校で面積比を習うのは相似を習った後なので11月から12月あたりに習うのが通常ですね。学校によっては、多少前後するかもしれません。

 

よって、習う時期が遅いことにより、応用問題を解く数が圧倒的に不足することも苦手な中学生が多い原因ですね。

 

 

 

 

今回は北海道の公立高校入試大問5(裁量問題)問2をお伝えしました。

 

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

2018北海道公立高校入試大問1

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問2 

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問3

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問4

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問5

 

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問5裁量問題-問1 

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2018年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。 

www.jukuteacher.com

 

 

www.jukuteacher.com