現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

「数学」2018北海道公立高校入試大問5

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018北海道5



 

どうも、塾講師のこうです。

今回は標準的な問題です。偏差値55以上の人は確実に解けるようにしましょう!

 

 

 

2018、2019年の大阪の入試問題数学は全部解き終わったので(3月に英数は解いてましたが笑)、全国の公立入試問題数学にシフトしていきたいと思います。

まずは、北海道から行って見ましょう!

 

 2018年に行われた北海道公立高校入試数学の手書き解説をしていきたいと思います。 

 

  

北海道公立高校入試「数学」 

北海道の入試問題は大問1~大問5の5題です。

学校によっては、大問2~大問5まで同じで、最後に学校裁量問題(思考力を要する難しい問題)が追加されます。大問1は簡単すぎるということですね。

 

学校裁量問題はまだ見ただけですが、中学受験の問題に似ているなーっていうのが第一印象でした。もちろん、内容は中学生の内容です。

また、私立の入試問題で見るような問題であるとも思いました

これは公式に当てはめて、単純に解いているような中学生では太刀打ちできないでしょう。

 

 

 

大問5-問1、2

2018北海道5


問1はできましたか?

気付いた人はめっちゃ簡単やん!って思ったのではないでしょうか?

 

逆にできなかった人は、どうやって解くねんってなったかもしれませんね笑

この問題は中点連結定理で解くことにさえ気づけばあっという間に解けちゃいましたね。

 中点連結定理はの説明は、図にある通りです。そして、入試には頻出なのでしっかり気付けるようにしたいですね。

気付くポイントは、2点の中点があるかどうかですね。

 

問2の証明は、解答までの手順は少し多いですが、ワークに載っている感じの問題ですので意外と解きやすかったのではないでしょうか。

「円周角の定理」と「二等辺三角形の底角は等しい」と「角の二等分線」をしっかり理解していれば容易に気付けるかと思います。

 

 

 

今回は北海道の公立高校入試大問5をお伝えしました。

 

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

2018北海道公立高校入試大問1

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問2 

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問3

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問3

www.jukuteacher.com

 

 

 

 

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2018年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。 

www.jukuteacher.com

 

 

www.jukuteacher.com