現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

「数学」2018北海道公立高校入試大問3

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018北海道3



 

どうも、塾講師のこうです。

今回の内容は、資料の整理です。これは中1の最後に習う内容なので多くの人が解けるかと思います。資料の整理がしっかり理解できてないと解けないと思うのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

2018、2019年の大阪の入試問題数学は全部解き終わったので(3月に英数は解いてましたが笑)、全国の公立入試問題数学にシフトしていきたいと思います。

まずは、北海道から行って見ましょう!

 

 2018年に行われた北海道公立高校入試数学の手書き解説をしていきたいと思います。 

 

  

北海道公立高校入試「数学」 

北海道の入試問題は大問1~大問5の5題です。

学校によっては、大問2~大問5まで同じで、最後に学校裁量問題(思考力を要する難しい問題)が追加されます。大問1は簡単すぎるということですね。

 

学校裁量問題はまだ見ただけですが、中学受験の問題に似ているなーっていうのが第一印象でした。もちろん、内容は中学生の内容です。

また、私立の入試問題で見るような問題であるとも思いました

これは公式に当てはめて、単純に解いているような中学生では太刀打ちできないでしょう。

 

 

 

大問3-問1、問2

2018北海道3

 

問1
相対度数という言葉になった途端に、できなくなる生徒が急増しますよね。

相対度数は、

例えば

「100人いて、そのうちの30人の割合は?」

と聞かれるのと同じことです。

つまり、30÷100=0.3で終わりです。

 

割合が・・・って人は、小学5年生の教科書を引っ張り出して復習しましょう!

 

 

問2

個人的に問2の問題はかなり好きです。

単純に解くのではなく、一つ一つ確認しながら解いていかなければならないのでとてもいい問題ですね。

 

今回は、代表値が「平均値、中央値、最頻値」であることを覚えている必要があります。

そして、すでに平均値は文中で使っており、中央値か最頻値を使って解く必要がありました。

 

しかし、今回はAのトウモロコシが重いと言い切れないことを言わないといけません。

よって、Bのトウモロコシの方が思いことを示す必要があります。

これを示すことができるのは、中央値を使った場合のみです。

 

よって、選択肢は2つあるけれど、答えになるのは1つしかないことに気付くことが必要でした。

 

 

今回は北海道の公立高校入試大問3をお伝えしました。

 

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

2018北海道公立高校入試大問1

www.jukuteacher.com

 

2018北海道公立高校入試大問2 

www.jukuteacher.com

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2018年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。 

www.jukuteacher.com

 

 

www.jukuteacher.com