現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

「数学」2018北海道公立高校入試大問2

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018北海道数学

※大問2ー問4を追加しましたので再渇します。 

 

どうも、塾講師のこうです。

今回は問1、2は必ずできてほしい問題です。問3は偏差値50以上の生徒には確実にできてほしい問題です。

 

2018、2019年の大阪の入試問題数学は全部解き終わったので(3月に英数は解いてましたが笑)、全国の公立入試問題数学にシフトしていきたいと思います。

まずは、北海道から行って見ましょう!

 

 2018年に行われた北海道公立高校入試数学の手書き解説をしていきたいと思います。 

 

  

北海道公立高校入試「数学」 

北海道の入試問題は大問1~大問5の5題です。

学校によっては、大問2~大問5まで同じで、最後に学校裁量問題(思考力を要する難しい問題)が追加されます。大問1は簡単すぎるということですね。

 

学校裁量問題はまだ見ただけですが、中学受験の問題に似ているなーっていうのが第一印象でした。もちろん、内容は中学生の内容です。

また、私立の入試問題で見るような問題であるとも思いました

これは公式に当てはめて、単純に解いているような中学生では太刀打ちできないでしょう。

 

 

 

大問2-問1

2018北海道2_1


これは大丈夫ですよね?

ただですね、この問題でx=-2、6と答える人いるんですよね・・・。

 

因数分解をするのか、解を求めるのかをしっかり確認してくださいね。

こういう間違いをするのは非常にもったいないです。

だって、答えが出ているのに素通りして、他の答えを出しているようなもんなんですから。


 

 

大問2-問2

2018北海道2_2


これはよく見る問題ですね。

サイコロやカードの問題は表で解くようにしておきたいところです。

見てすぐ見直しができるのが最大の利点ですね。

 

最後に油断して約分を忘れないようにしてくださいね。



 

大問2-問3

2018北海道2_3


こういう問題は個人的に好きですね。

単に垂線を引いてね!って問題ではなく、考えさせることができますからね。

 

 大阪でも、こういう作図の問題を出すようにしてほしいですねー。

大阪は作図の問題でませんもんね。

人数が多いから、時間がかかって難しいんですかね?

だから、作図に力を入れないので苦手な生徒が多いですし、基本的なものしか作図できない生徒が多いんですよねー。

 

 

入試に出ないから、学校でも塾でも力を入れないからしょうがないですけどね笑

てか、学校でやってるの?って思うくらいできない生徒が多くてビックリします。

 

大問2-問4

 

2018北海道2_4

これは、意外と出来ない人がいそうですよね。

何をすればいいか分からず、手が止まっている生徒が見に浮かびます。

 

方程式を解くときに意識しなければならないのは、「何」と「何」がイコール関係です。

 

今回の問題の場合、長方形の辺の長さがしっかり分かっているのは、AD(横の長さ)のみです。よって、この長さをxを使って表すことができれば方程式の完成ですね。

 

 

方程式を自分で立てることが難しい人は多いです。

この多くは、「何」と「何」がイコールの関係なのかを探す作業すらしていません。

ぜひ、まず、イコール関係見つける努力から始めましょう!

今回は北海道の公立高校入試大問2をお伝えしました。

 

 

 

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

2018北海道公立高校入試大問2

www.jukuteacher.com

 

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2019年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com

 

2018年大阪公立入試数学B問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ。 

www.jukuteacher.com

 

 

www.jukuteacher.com