現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

「私、子どもの勉強に無関心なんです」と同じですよ?

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

 

f:id:jukuteacher0913:20190807154242j:plain

どうも、塾講師のこうです。

 

 最近、本当に暑いですね。

一瞬外に出るだけで、汗が噴き出ます・・・笑

汗っかきには辛い時期です笑

 

しっかり塩分と水分補給をしてこの暑さを乗り越えていきましょうね!

さて、本題に行きましょう!

 

 

 

 うちの子、全然勉強できないんです

 

先日、中1の生徒が入塾してくれました。

その子の保護者は、「うちの子、全然勉強できないんですよー」と言っていました。

このようにほとんどの保護者の方は言いますよね笑

 

 

 

そうそう、何か言ってしまうんですって声が聞こえてきそうです笑

 

 

 

さて、2回目の授業で数学を見たのですが、いろいろビックリしました。

ビックリしたと書きましたが、実は、まあまあ、あることですけどね笑

毎回、ビックリしてしまいます笑

 

 

正負のたし算・ひき算・かけ算・わり算の内容からしていったのですが、間違えまくるんですよね。

 

中1で習った内容で分からないのであれば問題ないのです。

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

分からないのは中1の内容ではなく、小学生でやる内容なんですよね。

 

 

中学生を教えている個別指導の塾の先生なら経験しているかと思います笑

 

 

分数の約分、小数のかけ算わり算、分数のたし算ひき算かけ算わり算ができない。

1ケタのたし算ひき算でも間違えるんですから。

 

 

お母さん、「これは全然勉強できないんです」って言わないですよ。

 

 

 

 私、子どもの勉強に無関心なんです

 

 

 

「私、子どもの勉強に無関心なんです」

 

って言った方が正しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

違います?

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、小学3,4年生の内容からできてないところがあるんですよ?

 

そこから中1までほったらかしにしていたんですよね?

 

 

 

 

 

 

 

これは子どもの責任じゃないですよ。

もちろん、頑張ったってできないお子さんもいますよ。

僕の身内にもいるので、そういう事情は分かっているつもりです。

 

 

 

 

 

本当にこどもがかわいそう。

こういう子供は被害者ですよね。

 

 

 

もちろん、勉強ができれば人生幸せなんて思っていません。

 

 

しかし、自分の子どもが学校の授業中に先生が何を言っているか全くわからない状態であるのは明白です。

 

 

この状況ってかわいそうじゃないですか?

 

 

僕が変なんですかね?

 

 

いや、きっと違うはず。

 

 

 

 

 

何も分からない話を聞かされている状況って辛くないですか?

 

 

 

 

 

明日から社会の授業を英語でされるようなものですかね?笑

ところどころ分かる英語はあるけど、話の内容が全く分からない感じ笑

 

 

 

 

こんな授業受けたいですか?

 

 

僕なら受けたくないです。

 

 

まあ、子ども自身は友達と授業に関係ないことをずっと話しているか、寝ているかのどっちかだと思いますけど笑

 

 

 

 

とりあえず、これからは詰まるところが出てくるたびに立ち止まって一つずつ解決していくだけですね。

幸いその生徒は素直でよかったです。

しかも、中1ということで時間もありますしね。

 

 

個別指導でも、入塾を断られることありますよ?

 

 

ただ、中3のこの時期にそんな状態なら、申し訳ないけれど入塾は断ってますね。

個別指導でも断られることがあることを、保護者は知っておくべきです。

 

 

塾も会社と同様に、運営がうまく回らなければ潰れてしまします。

だから、運営が乱れる恐れがあると判断した場合、断ります。

中3で小3の計算から教え直すというのは、正直こちらとしてかなりの負担になります。

明らかに他の生徒とは別の教材を準備する必要がありますし、5分の説明で済むところを10、15分説明しても理解してもらえないかもしれません。

 

 

そして、一番の問題は他の生徒に影響がでることです。

どの生徒も中3は1年しかありません。入試までを考えれば、1年もないですけどね。

その1人1人にとって大事な時間を少しでも減らしたくないんです。

 

 

そして、全体の受験生としての意識がどうしても薄れてしまします。

ここが一番大事ですよね。

意識しだいでホントに結果は大きく変わるんですから。

 

 

1人の生徒のために、他の生徒を犠牲にはできません。

これは全く大袈裟だと思いません。

 

 

 

 

 

 

だから、こういう判断をさせないようにお願いしますね。

 

 

 

子どもの勉強は常に見てあげてください。

別に難しい内容まで教えなくていいんです。

計算と漢字だけで構いません。

 

 

 

もし全くできない状態で中3まで来てしまったら、家庭教師の方がいいかもしれませんね。

 家庭教師の方、すみません。

でも、僕も家庭教師の経験はあるので家庭教師の方がしっかり見れますよね。

 

 

 

まだまだ、いろいろ話したくなりますがこの辺にしときますね笑

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!