現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

2018年大阪府公立高校入試「数学C問題」の解説

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

2018数学C

 

 

どうも、塾講師のこうです。

 

2018年大阪公立高校入試「数学C問題」の手書き解説を少しずつ挙げてきました。

それをまとめましたので活用価値がある方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

中学生へ

この他にももっと良い解き方が必ず存在します。

あくまで解き方の一つと考えてください。

たくさんの解き方を見て、その解き方を少しでも自分のものにしてください。

その繰り返しが必ず結果に繋がります。

 

 

 

2018年大阪公立高校入試「数学B問題」

 大問1(1)~(6)

www.jukuteacher.com

 

 

 

 大問1(7)~(8)

www.jukuteacher.com

 

 

 

 大問2

www.jukuteacher.com

 

 


 

 

 大問3

www.jukuteacher.com

 

 

夏休みから12月までに数学でした方がいいこと

 

 それは多くの入試問題に触れることです。

 各都道府県の入試問題は直前期にするために残しておいて、それまではその他の都道府県の入試問題を数多く解いていきましょう。

 

 

 

これから少しずつ思考力が試される問題が多くなってきています。

そのような問題を解くためには、日ごろから解いて練習するしかありません。

 

まだまだ未習の内容があるかと思いますが、それは飛ばしておいて習ったら解いていきましょう。

 

おすすめのやり方は、

①全国の大問1だけをまず解きましょう。

②大問1が解き終われば、間違った問題をやり直ししましょう。

③全国の大問2だけを解いていきましょう。

④大問2が解き終われば、間違った問題をやり直ししましょう。ここで、時間的に余裕があれば、2回目でも間違えた大問もやり直ししましょう。

 

あとはこれの繰り返しです。

ぜひ今からチャレンジして合格をつかみ取りましょう! 

 

 

時間的に余裕がある人は、英語も少しずつできるといいですね。

長文問題だけでいいので、1週間に2~3問(大問)ほどしましょう。

時間的に余裕がないって人は、週に1問でもいいです。

 

 

 

2018年入試問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ!

 

www.jukuteacher.com

 

 

2019年入試問題の解説を見たい方はこちらをどうぞ! 

www.jukuteacher.com

www.jukuteacher.com