現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

定期テストしか高得点が取れないのには理由がある!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

定期テスト


 

どうも、塾講師のこうです。

 

うちの子、定期テストの点数は良いんだけど、実力テストや模試になると全然で・・・。

 

こんな悩み持っている保護者の方や実際に自分がそうだったって人いませんか?

 

恥ずかしいですが、僕自身もこれを経験してきた1人です。

 

では、なぜ、僕も含めて定期テストしか高得点が取れなかったのかについてお伝えしていきます。

 

 

短期間に集中的に勉強しているから

 

定期テストだけしか高得点を取れない人は勉強をしていないわけではありません。

 

じゃあ、なんで実力テストや模試では点数が取れないの?ってなりますよね。

 

 

それはテスト前という短期間にしか勉強していないから

 

理由はこれだけです。

 

 

保護者の方も、テスト前の勉強しているお子さんの姿を見て勉強しているなーって思うかもしれません。

定期テストだって高得点だし。

 

でも、なんで実力テストや模試だと点数が取れないの!!!って状況ですよね。

 

 

もう一度言います。

テスト前という短期間にしか勉強していないから

 

 

テスト前に勉強している姿を見て、勉強しているように見えるだけです。

 

 

テスト前だけで範囲がない実力テストや模試で高得点なんて取れる訳がありません。

 

 

人間はすぐに忘れる

テスト前にもう勉強したらそのときは高得点が取れるでしょう。

 

では、2週間後、同じテストを解いてみてください。

実際にとった点数の8割、いや、半分以下の点数だってありえるかもしれませんね。

 

だって、人間はすぐに忘れるんです。

 

人間は短期間に集中的に勉強しても長く記憶できないのです。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

均等な間隔で復習すると長く記憶できる

 

エビングハウス忘却曲線は有名ですよね。

忘れるのを防ぐために復習をしようなんて話はいろんなところで話されていると思います。

 

2007年に行われた研究について新たに分かったことを簡単に書くと、

均等な間隔で復習をすると、長く記憶できる

ことが分かっています。

 

これについて詳しく知りたい方は、こちらの本を読んでみてはいかがでしょうか。

僕もこの本を読んで今回のブログを書かせていただいています。

 

新しい研究を元にいろいろな勉強方法も書いています。

なかなか結果が出ないお子さんをお持ちの保護者や教育に携わる人にとって買って後悔しない本です。

 

勉強方法の提案 

 では、どうやって均等な間隔で復習をしたらいいのかって話になりますよね。

 

こんなやり方もあるよってことで計算問題が苦手な人に役立つ勉強の仕方を紹介します。

 

①まず、学校、もしくは、塾で新しい計算方法を習いますよね。

この時期なら

中1・・・文字を使った計算

中2・・・連立方程式

中3・・・因数分解平方根

 

まず、授業でしっかり学んでください。

 

②授業日から5日間空けて問題集の奇数番号だけ解いてください。

大問1(1)(3)(5)・・・

大問2(1)(3)(5)・・・

 

③奇数番号を解いた日から5日間空けて問題集の偶数番号だけ解いてください。

大問1(2)(4)(6)・・・

大問2(2)(4)(6)・・・

 

 ④テスト前に試験範囲の問題を全部解いてください。

 

これで定期試験だけでなく、実力テスト、模試でもしっかり正解できるはずです。

 

 まとめ

 

定期テストにしか高得点が取れないのは、復習する回数が単に足りないだけです。

実力テストや模試で点数が取れない人は、自分の心に手を当てて聞いてみてください。

 

勉強方法の提案の間隔は5日間でしましたが、それぞれの都合に合わせて、定期的に復習してください。

そうすれば、定期試験しか高得点が取れないことはなくなります。

 

最後に、もう1度言っておきます。

定期テストにしか高得点が取れないのは

定期テストという短期間にしか勉強をしていないからです。

 

 

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

大阪府公立高校入試問題数学B・Cの解説はこちら

www.jukuteacher.com

www.jukuteacher.com

www.jukuteacher.com