現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

「数学B」2019年大阪府公立高校入試大問2

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

入試問題2



 

どうも、塾講師のこうです。

 

今年度に行われた大阪府公立入試問題の解き方を少しずつ僕なりにお伝えしたいと思います。

 

なるべく、誰が見ても分かりやすいように書いていこうと思います。

手書きの画像で公開していきますので、見にくいところがあるかもしれませんがご理解ください。

※字が汚いのは自覚しているので、クレームは受け付けません笑

 

少しでも、中学生の手助けになればなと思います。

 

 

 

大問2(1)①

数学B2

数学B2(1)①

 

この問題は地道にやれば解けてしまう問題である。

上記の解答はかなり丁寧に書きました笑

 

ただ、個人的にこの後の問題である②で式を求めてから、この①を解くのが自然な流れかなとも思います。

①を解いてたら、②も答えも出てたやん!って感じがいいかも。

 

 

大問2(1)②

数学B2(1)②

 

この問題は、表を見ると(x,y)=(1,40)、(2,130)の2点より、連立方程式で解いてほしい問題ですね。

さっきも書きましたが、①を解く流れで②も解けるといいですね。

 

 

大問2(1)③

数学B1(1)③


この問題は②が解けていたら、超サービス問題です。

代入するだけなので、ぜひ点数をもらっちゃいましょう。

 

しかし、②が解けないって人!安心してください。解けますよ。

少し大変ではありますが、上図のように地道に調べていけば解けちゃいます。

 

大阪の入試問題は、全国でも難易度が高めなのでできる人にとって見れば時間が足りないと思います。

しかし、苦手な人にとって、今まで解けていないような問題が入試本番で解けるわけないですよね。

 

そういう人はこういう問題にこそ、時間をかけて解くべきだと思います。

 

大問2(2)

数学B2(2)①

 

数学B2(2)②


この問題は、一見めんどくさそうな問題に見えますよね。

ただ、与えられた条件を図に書き込んでいくと、上図のようにかなりシンプルでしたね。

よって、この問題もしっかり解くべき問題でした。

 

 

 

今回は大問2をお伝えしました。

毎年、このような問題が出る傾向がありますね。

一見、時間がかかり難しそうですが、冷静に与えられた条件を書き込めば解ける問題になっています。

このような問題につまづく人は、普段から問題に何も書き込まずに解こうとしているはずです。

 

簡単な問題であれば、何も書き込まずに解けるかもしれません。

しかし、入試にそのような問題はほとんど出ません。

しっかり合格を勝ち取りtければ、手を動かして図やグラフに書き込むことを意識しましょう。

 

ちなみに、僕は何も書き込まずに分からないと生徒から言われたら何も教えませんね笑

 

これから少しずつ公開していきますので、参考になる方が1人でもいれば嬉しいです。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

2019年大阪公立入試数学B問題でその他の解説を見たい方はこちらをどうぞ。

www.jukuteacher.com