現役塾講師こうのつぶやき

進学塾、個別指導塾、家庭教師の経験をもとに、指導のあり方、勉強の仕方、教育方法について思うことをつぶやいていきます!

MENU

我慢できる子って強いよ?

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

我慢できる子って強いよ

どうも、塾講師のこうです。

 

 

毎年、中3の3月から塾に入る子がいます。

この中でたまにものすごく伸びる子がいるんですよね。

 

 

今年の子は、その可能性を秘めている気がします。

 

 

しかし、全く伸びない子もいるのも事実です。これは塾として恥ずかしいところですが、どうしようもないときがあります。

そういう子の特徴は、親が非協力的なのです。

 

 

伸びない子の話は次回するとして、

 

 

今回は

中3から塾に来てものすごく伸びる子の特徴

をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

今年の中3から入塾した子について

 

今年、中3から入ってきた子は小学生からずっと運動してきた子だ。

中1、2の内容はほとんど分かっていないような状態に感じている。

正負の計算だったり、連立方程式もできないような感じだ。

 

 

ただ、中3数学の最初は中1、2年の内容ができなくてもできる内容なので今のところかなり順調だ。

毎年、各学年の最初は計算問題がメインなのでつまづく生徒はほとんどいないが、たまにつまづく生徒はいる。

その1人になるかと当初は思っていた。

 

 

しかし、僕の思惑とは真逆だったのだ。

これは嬉しい誤算。

 

 

宿題はしっかりやってきて、間違い直しもしっかりできている。

しかも、どういう間違いをしているのかまで自覚できているのだ。

 

 

なぜ今まで勉強をしなかったのか疑問に思い、その生徒といろいろ話してみた。

 

 

 僕「学校の授業はしっかり聞いている?」

 

生徒「いや、聞いていません笑」

 

僕「最初の様子を見ていたら、君には悪いけどここまでできると思ってなかったんだよね笑。だから、なんでそこまで勉強が苦手になっているのか不思議で笑」

 

生徒「中1のときに、授業が分からんくなって、そこから、授業を全く聞かなくなった笑」

 

 

つまり、学校の先生に見てもらえていない状態。

 

学校の先生は確かに忙しい。

しかも、生徒数もかなり多い学校だ。

 

しかし、分からないだけでやる気がある生徒まで指導できていないのはかなり問題である。

こういう生徒はゼロにしていただきたいですね。

 

 

この生徒にはこの塾に入ったことをキッカケに大きく伸びていってほしいと思う。

 

 

ものすごく伸びる子は我慢できる

 

ただ、1つ勘違いしてほしくないのは、この生徒はとてもできる生徒ではない。

 

 

しかし、とても我慢ができ、忍耐力がある生徒だ。

この部分はこの生徒の大きな強みである。

 

 

学力的にまだまだ足らないので、しばらくは他の生徒より長めに授業時間を組んでいる。

しかし、最後まで嫌な顔をせずに笑顔で帰っていくのだ笑

 

 

これって、すごくないですか?

疲れ切って帰っていくのが普通なのに笑

 

 

これは、運動を本気でやってきた子の特徴ですね。

運動をやっていれば全員我慢できるのかとなると話は違うが、

実際に、我慢ができる子が多いのは事実ですね。

 

 

しかし、運動でなくてもいいんです。

好きなことを本気でやる経験を小さいうちにさせてほしいですね。

本気でやれば、しんどいことも出てきます。

 

それを乗り越えてきた子は本当に強いです。

 

 

我慢には仲間が必要

 

でも、我慢って大変ですよね。

ブログをしている人でよく見かけるのが、続けるのが大変ってこと。

続けるために我慢しなければならないことがたくさん出るんでしょうね笑

 

でも、続く人はほんの一握りだと。 

だから、ブログ仲間を作ったら長く続くみたいなのをよく見ますね。

 

 

勉強も同じではないでしょうか?

今回話している生徒も運よく塾内で仲間ができました。

しかも、中3から学校でのクラスも同じだという笑

 

 

その仲間も中1から部活を頑張り勉強もしっかり頑張ってきた子だ

つまり、最強の仲間を手に入れたわけだ笑

 

この生徒はいろいろ「もっている」気がします。

 

 

しかし、仲間はもろ刃の剣です。

1人が違う方向へ進むと、全体がその方向へ進むことがあります。

教育者なら何度も見たことがある光景ではないでしょうか。

 

 

正しい道に進めるように道筋を示すのがこれからの僕の仕事ですね。

 

 

まとめ

 

ものすごく伸びる子は、我慢ができる子である。

 

我慢ができるために、本気で運動に取り組める環境に置いてやることが大事である。

※運動が僕は良いと思いますが、本気であれば何でもいいと思います。

 

この経験が勉強だけでなく、

これからの人生でいろんなところで力を発揮することは間違いないです。

 

 

今回は、1人でも多く伸びてほしいと思い書かせていただきました。

 

 

数ある中の1つの意見として読んでいただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。